法面工事(法面保護・抑止工)・一般土木・建築一式・舗装工・建物解体・管工事を三重県で請負
株式会社 三和工務店
  Topへ戻る 会社案内 施工実績 見積・資料請求 お問い合せ
 
   
   

フィットフレーム工法

地山に密着する受圧板「フィットフレーム工法」は、フィットフレーム型枠に鉄筋を組み
システム化した現場打コンクリート枠工です。

写真  

フィットフレーム工法とは?

 フィットフレーム型枠に鉄筋を組みシステム化した現場打コンクリート枠工です。枠重量が軽く、運搬設置が容易に施工できます。

 「施工性」「経済性」「密着性」にすぐれています!

  • 運搬、据付時の施工性の向上
  • 設計時に設定した等分布荷重が作用
  • アンカー受圧板に必要な性能を備えている。

フィットフレーム工法は、アンカーの必要な次のような斜面に最適です。

1)凹凸のある斜面 ― 地山に密着したコンクリートを充填可能

フィットフレーム工法と工場製作による受圧板の比較

フィットフレーム工法 工場製作による受圧板
  • 枠重量がく、運搬設置が容易に施工できる。
  • 地山の凹凸と密着均等反力が得られる。
  • 凹凸に対応することができる鉄筋コンクリート枠である。
フィットフレーム工法の概念図
  • 枠重量が重く、運搬、設置用設備に大型の機械が必要
  • 斜面の凹凸部では枠が密着しにくいので、応力が集中する恐れがある。そのために均しコンクリートが必要な場合がある。
従来工法の概念図

2)高い、作業半径が大きい、足場が狭いなど作業条件の悪い現場

小型クレーンでも吊り上げ可能
↓
安全・容易に据付けができます。

3)品質・経済性が高い

現場打鉄筋コンクリート枠 アンカーの受圧板として最も経済的
↓
アンカーの受圧板として高い信頼性があります。

  写真

資料請求

個人情報保護方針 | 関連サイト
   
 
Copyright (c)2006 SANWA CONSTRUCTION Co.,Ltd All rights reserved.