タグ別アーカイブ: 鉄筋挿入工

地頭急傾斜地崩壊対策工事

地頭完成写真
地頭完成写真
地頭完成写真
地頭完成写真
    工事名:地頭急傾斜地崩壊対策工事
    発注者:京都府中丹東土木事務所
    施工場所:京都府舞鶴市地頭 地内
    工事概要:

    • 伐 採 工   A=880m2
    • 掘 削 工   V=3150m3
    • 法面整形工   A=880m2
    • 残土処理工   V=3150m3
    • 現場吹付法枠工 L=1190m
    • 小段排水工   L=60m
    • 縦排水工    L=19.8m
    • 仮設防護柵工  L=45
    • 鉄筋挿入工   N=257本
    • 仮設足場工   V=620空m3
  • 当現場は、京都府舞鶴市の国道175号沿の民家の裏山を排土して、法枠工及び鉄筋挿入工で抑止する急傾斜対策工事であります。
  • 施工箇所の進入路は国道175号からの1箇所だけであり、施工ヤードも狭く交通量が多いことから、資機材の搬入、残土搬入時は非常に危険でしたので、工事看板の増設及び交通誘導員を増員するなどの対策をしました。地山掘削下方には民家があったので、石などが仮設防護柵を飛び越え民家に飛来しないよう、浮き物など念入りに点検確認をおこないました。現場条件が悪かったのですが、無事故無災害で現場を竣工することができました。

二級水系員弁川水系砂出川砂防(法面工)工事(その2)

砂出川その2完成写真
砂出川その2完成写真
砂出川その2完成写真
砂出川その2完成写真
    工事名:二級水系員弁川水系砂出川砂防(法面工)工事(その2)
    発注者:三重県桑名建設事務所
    施工場所:三重県桑名市志知 地内
    施工実績

    • 現場打吹付法枠工 (梁断面 200×200)  L=1984m
    • 鉄筋挿入工       N=741本(D19 L=2.0m)
    • 横ボーリング工   N=20箇所(L=20m/箇所)
    • かご枠工 ステンレス製 L=339m
    • かご枠工 亜鉛メッキ製 L=506m
    • 表層工 オーバーレイ工 A=813㎡
  • 現場は桑名市志知地内にあり、新名神新設工事により排水系統が変わることから、排水路の断面拡大に伴う、下部斜面の安定化対策工事である。施工箇所は通学路に指定されており、児童を含めた歩行者への安全確保に苦労した。
  • かご枠工掘削時には背面斜面の変動が見られたため鋼材による土留を施工した。
  • 法枠工、鉄筋挿入工施工時はプラントヤードが狭く、現道を開放しての施工に苦労した。
  • その1工事の着手からその2工事の完成まで約1年間の長い期間の工事であったが、地元住民の御協力にも助けられ無事、竣工することができました。

一般国道477号第124号 道路災害復旧工事(その2)

 

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
    工 事 名:平成21年度 一般国道477第124号 道路災害復旧工事(その2)
    発注機関:三重県四日市建設事務所
    施工場所:三重県三重郡菰野町 菰野 地内
    施工期間:平成21年11月26日~平成23年2月10日
    工事内容

  • 法 枠 工 □300(3600m)
  • 鉄筋挿入工 D19×2000(800本)
    この工事は、法面工事と土木工事が分離発注された現場で受注業者も2社という事で、工期自体は同時進行に見えるが、実は土木工事が完了しないと法面工事が着手できないという悪条件の中での施工であった。
    土木工事担当業者には、休日、昼夜を問わず、土工事の完了に向けて努力して頂いたが、高低差100mの長大法面での作業は困難を極め、当社が着手できた期間は通常施工では到底完成されることの出来ない工程の中での作業となった。
    場所は鈴鹿スカイラインの標高800m付近で、冬季施工(1月~4月)は不可能であり、年内の完成目標を達成させる為、施工班は最大時5班体制で25名の作業員が法面上で作業を行い、安全、品質、工程とあらゆる面で苦労した現場であった。

平成21年度 第3-1号 柳原急傾斜地崩壊対策(総流防)工事

 

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
    工 事 名:平成21年度 第3-1号柳原急傾斜地崩壊対策(総流防)工事
    発注機関:滋賀県南部土木事務所
    施工場所:栗東市御園
    施工期間:平成21年9月8日~平成22年度7月29日
    工事概要

  • 鉄筋挿入工 369本 D19 L=4.5m
  • 法面補強土工 894m2
  • ジオファイバー t=20cm
  • 植生基材吹付工 71m
  • 待受け擁壁工 71m H=0.5~8.0m
  • 落石防護柵工 71m H=2.85m
    施工管理内容:この工事は急傾斜である、家屋の裏山保護を鉄筋挿入工と法面補強土工で植生基材吹付工で緑化を図る工事である。また、市道の隣接の急傾斜地を待受け擁壁工と落石防護柵工で市道及び市道に隣接している、家屋の保護を行う工事であった。
    工事の工程として、家屋の裏山の伐採と、市道を通行止めを行い隣接の伐採を慎重に行いました。
    その後、家屋の裏山に仮囲い市道の山側に仮囲いを設置し、家屋の安全の確保を行い本工事の施工を行いました。
      この工事は、家屋に隣接している為、まず最初に、隣接住民との地元説明会を行い住民の理解をえました。また、顔を見た隣接住民に対し、工事内容及び工事の進捗を説明し、地元住民の要望等を聞き工事を進めました。

 

    その結果、地元住民からの苦情もなく、安全に施工することができました。