タグ別アーカイブ: 桑名建設事務所

上野1地区 急傾斜地崩壊対策工事(その1)

上野1地区完成写真
上野1地区完成写真
上野1地区完成写真
上野1地区完成写真
    工事名:平成23年度 公共(総流防)第311-2分0001号 上野1地区 急傾斜地崩壊対策工事(その1)
    発注者:三重県桑名建設事務所
    工事概要:

    • 現場吹付法枠工  A=1166m2
    • 水路工      L=18.0m
    • 掘削工      V=90.0m3
    • ネットフェンス工 L=28.0m
    • 伐採工      A=1200m2
  • 本工事は、三重県桑名市上野地内で家の真裏にある法面を現場吹付法枠工にて施工し、崩壊を抑制する工事でした。
  • 施工箇所への搬入路は普通車でも対向するのが難しい程、幅員が狭いうえに小中学校の通学路となっていたため、材料搬入時や伐採木搬出時等における工事車両通行時の第三者災害に苦慮しました。また、搬入路が市発注の下水道工事施工箇所となっており、時期も重なっていたことから、施工業者同士による工程調整や打合せを行って双方にとって一番良い方法を導き出すのに悩みました。
  • 現場は家に囲まれた状態であったので、重機や作業機械が稼働している時の騒音対策と降雨時の濁水対策に常に注意を払い、打合せや説明等を行うことで周辺住民の方々のご理解、ご協力により無事完成することが出来ました。

二級水系員弁川水系砂出川砂防(法面工)工事(その2)

砂出川その2完成写真
砂出川その2完成写真
砂出川その2完成写真
砂出川その2完成写真
    工事名:二級水系員弁川水系砂出川砂防(法面工)工事(その2)
    発注者:三重県桑名建設事務所
    施工場所:三重県桑名市志知 地内
    施工実績

    • 現場打吹付法枠工 (梁断面 200×200)  L=1984m
    • 鉄筋挿入工       N=741本(D19 L=2.0m)
    • 横ボーリング工   N=20箇所(L=20m/箇所)
    • かご枠工 ステンレス製 L=339m
    • かご枠工 亜鉛メッキ製 L=506m
    • 表層工 オーバーレイ工 A=813㎡
  • 現場は桑名市志知地内にあり、新名神新設工事により排水系統が変わることから、排水路の断面拡大に伴う、下部斜面の安定化対策工事である。施工箇所は通学路に指定されており、児童を含めた歩行者への安全確保に苦労した。
  • かご枠工掘削時には背面斜面の変動が見られたため鋼材による土留を施工した。
  • 法枠工、鉄筋挿入工施工時はプラントヤードが狭く、現道を開放しての施工に苦労した。
  • その1工事の着手からその2工事の完成まで約1年間の長い期間の工事であったが、地元住民の御協力にも助けられ無事、竣工することができました。

一般国道421号道路改良(落石対策)工事

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真

 

    工 事 名:一般国道421号道路改良(落石対策)工事
    発注機関:三重県桑名建設事務所
    施工場所:三重県いなべ市大安町
    施工期間:平成22年7月26日~平成23年2月28日
    工事概要
  • ポケット式落石防止網工 A=1,970m2
  • ロープネット張工 A=450m2
  • 高エネルギー吸収型落石防止網工(ネットワン) A=2,600m2
    計画概要
  • 三重県桑名市浅川から、三重県いなべ市大安町石榑南を経て,滋賀県近江八幡市友定町に至る一般国道421号である。利便性向上のため鈴鹿山脈を石槫峠トンネルで横断し、三重県北勢地方と滋賀県近江地方の連携強化のため新規造成(付替道路)される道路工事である。
    ネットワンについて
  •  ネットワンの形式は覆式及びポケット式があり今回はポケット式の工法であり、 ポケット式は、ネットの上部に支柱を設け落石を捕獲し、落石がネットに衝突した際に衝撃力及び速度を減衰させ(落石重量100KN、落石エネルギー4000KJに対応可能)、安全な場所に誘導させるものである。多くの落石を捕獲できる半面、落石がネットの上部に衝突した場合に相当な衝撃が加わることから、中規模の転石が散在した個所に適した形式と考えられる。
    現場作業について
  • 22年度開通予定の石槫トンネル工事に伴って、多数の建設業者が出入りする路線であり、三重県発注工事・国土交通省発注工事合わせて、最大12社が延長8km区間内で作業していた、そういった状況から、業者間での工程調整が必要不可欠であり、発注者も出席し毎月1度工事連絡会を開催し無事、無災害で工期内に竣工することができた。