タグ別アーカイブ: 伊賀

主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事(その2)

名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
    工事名:平成23年度 国補災防・推進 第1-分0002号 主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事(その2)
    発注者:三重県伊賀建設事務所
    工期:平成24年1月26日~平成25年2月28日(竣工:平成24年12月26日)
    工事概要:

    • ロープネット工   A=4487m2(3工区)
    • ロープ掛工     N=3箇所
    • 岩接着工      V=2877ℓ
    • 高エネルギー吸収落石防止網工(ネットワン工法)A=1500m2
    • 仮設防護柵工    L=60m
    • モノレール設置工  N=1式 (500kg級)
  • 工事箇所は、三重県名張市と奈良県曽爾村を結ぶ県道81号線の落石対策工事である。県道81号線は、柱状節理が発達し頻繁に落石が発生している路線であるため、落石の発生源対策及び待受け対策を実施。
  • ロープネット工現場作業への進入は、先ずモノレールで10分程度ゆられ登山し、その後50mの岩壁を親綱本で人力にて登山するとようやく作業場に到着する。頂上付近で作業をしていたため、道路上からは作業状況を確認することができなく、アンカーの削孔音だけが山に響いてる日々が約3ヵ月間つづいた。
  • 高エネルギー吸収落石防止網工施工時は、現道を使用しての作業となり、他工区を合わせると約800mもの片側規制を行っていながらの作業となり、近隣住民の方々には大変なご協力を、お願いしての作業となりました。

京都府から奨励賞をいただきました。

奨励賞

京都府発注の工事(天理加茂木津線 平成23年道路災害復旧他工事)において、京都府地域づくり優良工事施工者表彰制度により奨励賞をいただきました。

             (京都府ホームページより)

8月4日 三和・山一お父さんの職場見学(子ども参観日)

みえ次世代育成応援ネットワークの一環として株式会社三和工務店と山一建設株式会社と合同で開催しました。

みえ次世代育成応援ネットワーク

朝、親子で出勤して自己紹介を兼ねて社長その他の人と名刺交換しました。

株式会社三和工務店
三和工務店本社前 集合写真
山一建設株式会社

山一建設 集合写真

山一建設の会議室では、お父さんの仕事内容(土木工事・法面工事・砂利製造工場)を説明しいろいろな工事現場を見学しました。

仕事内容の説明

土木工事説明
土木工事についての説明
砂利製造工場
砂利製造工場の説明
法面工事
法面工事の説明
模型による土砂崩れのメカニズムと土砂崩れをアンカーで止める説明

工事現場見学

国道163号線法面工事
㈱三和工務店 国道163号線法面工事完成工事現場
道路の崩れそうなところを崩れないようにする土木構造物を見学
希望ヶ丘下水処理場
山一建設㈱ 希望ヶ丘下水処理場建設工事完成工事現場
汚れた水をきれいな水と黒い不純物に分けるところを見学
小田築堤護岸工事
山一建設㈱ 小田築堤護岸工事 現在施工中の現場
大雨、台風等による洪水対策工事を見学 護岸ブロックの重さは何キロ?

お昼ご飯は、岩倉峡キャンプ場をお借りしてバーベキュー。お肉を焼いたり、焼きそばを作ったり、バーベキューのメインイベントスイカ割りでは、スイカ割を全員の子供としました。

バーベキュー
バーベキュー
スイカ割り
スイカ割り

午後からは、砂利製造工場の見学。
ここでは、砂利採取場でバックホウ・ブルドーザに乗りました。
身近に見て、触れて大きさと力強さを実感しました。

バックホウの試乗
バックホウの試乗
砂利原石をダンプトラックに積み込みました。
砂利製造工場見学
砂利製造工場見学
田んぼの下から掘り出した、砂利原石を砂利製造工場で砂利になるまでを見学

山一建設の会議室に戻り山一建設の社長より挨拶があり、お土産をもらって解散しました。

最後の挨拶
最後の挨拶

8月8日の建通新聞に掲載されました。

建通新聞
8月8日の建通新聞掲載