タグ別アーカイブ: 三重

主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事(その2)

名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
    工事名:平成23年度 国補災防・推進 第1-分0002号 主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事(その2)
    発注者:三重県伊賀建設事務所
    工期:平成24年1月26日~平成25年2月28日(竣工:平成24年12月26日)
    工事概要:

    • ロープネット工   A=4487m2(3工区)
    • ロープ掛工     N=3箇所
    • 岩接着工      V=2877ℓ
    • 高エネルギー吸収落石防止網工(ネットワン工法)A=1500m2
    • 仮設防護柵工    L=60m
    • モノレール設置工  N=1式 (500kg級)
  • 工事箇所は、三重県名張市と奈良県曽爾村を結ぶ県道81号線の落石対策工事である。県道81号線は、柱状節理が発達し頻繁に落石が発生している路線であるため、落石の発生源対策及び待受け対策を実施。
  • ロープネット工現場作業への進入は、先ずモノレールで10分程度ゆられ登山し、その後50mの岩壁を親綱本で人力にて登山するとようやく作業場に到着する。頂上付近で作業をしていたため、道路上からは作業状況を確認することができなく、アンカーの削孔音だけが山に響いてる日々が約3ヵ月間つづいた。
  • 高エネルギー吸収落石防止網工施工時は、現道を使用しての作業となり、他工区を合わせると約800mもの片側規制を行っていながらの作業となり、近隣住民の方々には大変なご協力を、お願いしての作業となりました。

上野1地区 急傾斜地崩壊対策工事(その1)

上野1地区完成写真
上野1地区完成写真
上野1地区完成写真
上野1地区完成写真
    工事名:平成23年度 公共(総流防)第311-2分0001号 上野1地区 急傾斜地崩壊対策工事(その1)
    発注者:三重県桑名建設事務所
    工事概要:

    • 現場吹付法枠工  A=1166m2
    • 水路工      L=18.0m
    • 掘削工      V=90.0m3
    • ネットフェンス工 L=28.0m
    • 伐採工      A=1200m2
  • 本工事は、三重県桑名市上野地内で家の真裏にある法面を現場吹付法枠工にて施工し、崩壊を抑制する工事でした。
  • 施工箇所への搬入路は普通車でも対向するのが難しい程、幅員が狭いうえに小中学校の通学路となっていたため、材料搬入時や伐採木搬出時等における工事車両通行時の第三者災害に苦慮しました。また、搬入路が市発注の下水道工事施工箇所となっており、時期も重なっていたことから、施工業者同士による工程調整や打合せを行って双方にとって一番良い方法を導き出すのに悩みました。
  • 現場は家に囲まれた状態であったので、重機や作業機械が稼働している時の騒音対策と降雨時の濁水対策に常に注意を払い、打合せや説明等を行うことで周辺住民の方々のご理解、ご協力により無事完成することが出来ました。

主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事

名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
    工事名:平成23年度 国補災防・推進 第1-分0001号 主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事
    発注者:三重県伊賀建設事務所
    施工場所:三重県名張市中知山 地内
    工事概要:

    • ロープネット工   A=4346m2
    • ロープ掛工     N=10箇所
    • 小割除去工     V=7.0m3
    • 仮設防護柵工    L=66
    • モノレール設置工  N=1式 (500kg級、1000kg級)
  • 工事箇所は、三重県名張市と奈良県曽爾村を結ぶ県道81号線の落石対策工事である。県道81号線は、柱状節理が発達し頻繁に落石が発生している路線であるため、落石の発生源対策及び除去対策を実施。
  • 工事内容では、転石小割除去対策に道路から約150m上方の2.0m四方の転石除去から始まり、道路延長L=130mの範囲内にロープネット工(高さh=15~35m)を設置する工事である。常に小さな石でも落石があるので仮設の安全ネットを張り巡らした中での作業を実施し、作業員どうしの連携を密に行い無事故で完成した。

京都府から奨励賞をいただきました。

奨励賞

京都府発注の工事(天理加茂木津線 平成23年道路災害復旧他工事)において、京都府地域づくり優良工事施工者表彰制度により奨励賞をいただきました。

             (京都府ホームページより)

8月4日 三和・山一お父さんの職場見学(子ども参観日)

みえ次世代育成応援ネットワークの一環として株式会社三和工務店と山一建設株式会社と合同で開催しました。

みえ次世代育成応援ネットワーク

朝、親子で出勤して自己紹介を兼ねて社長その他の人と名刺交換しました。

株式会社三和工務店
三和工務店本社前 集合写真
山一建設株式会社

山一建設 集合写真

山一建設の会議室では、お父さんの仕事内容(土木工事・法面工事・砂利製造工場)を説明しいろいろな工事現場を見学しました。

仕事内容の説明

土木工事説明
土木工事についての説明
砂利製造工場
砂利製造工場の説明
法面工事
法面工事の説明
模型による土砂崩れのメカニズムと土砂崩れをアンカーで止める説明

工事現場見学

国道163号線法面工事
㈱三和工務店 国道163号線法面工事完成工事現場
道路の崩れそうなところを崩れないようにする土木構造物を見学
希望ヶ丘下水処理場
山一建設㈱ 希望ヶ丘下水処理場建設工事完成工事現場
汚れた水をきれいな水と黒い不純物に分けるところを見学
小田築堤護岸工事
山一建設㈱ 小田築堤護岸工事 現在施工中の現場
大雨、台風等による洪水対策工事を見学 護岸ブロックの重さは何キロ?

お昼ご飯は、岩倉峡キャンプ場をお借りしてバーベキュー。お肉を焼いたり、焼きそばを作ったり、バーベキューのメインイベントスイカ割りでは、スイカ割を全員の子供としました。

バーベキュー
バーベキュー
スイカ割り
スイカ割り

午後からは、砂利製造工場の見学。
ここでは、砂利採取場でバックホウ・ブルドーザに乗りました。
身近に見て、触れて大きさと力強さを実感しました。

バックホウの試乗
バックホウの試乗
砂利原石をダンプトラックに積み込みました。
砂利製造工場見学
砂利製造工場見学
田んぼの下から掘り出した、砂利原石を砂利製造工場で砂利になるまでを見学

山一建設の会議室に戻り山一建設の社長より挨拶があり、お土産をもらって解散しました。

最後の挨拶
最後の挨拶

8月8日の建通新聞に掲載されました。

建通新聞
8月8日の建通新聞掲載

一般地方道上海老高角線 道路整備(U型擁壁地下水対策)工事

完成写真(地下水対策コンクリート擁壁)
完成写真(地下水対策コンクリート擁壁)
完成写真(受圧板)
完成写真(受圧板)
完成写真(受圧板)
完成写真(受圧板)
完成写真
完成写真
    工 事 名:平成22年度 地特道路 第1-1分0011号
      一般地方道上海老高角線 道路整備(U型擁壁地下水対策)工事
    施工場所:(自)四日市市菅原町~(至)四日市市平尾町
    施工期間:平成23年3月9日~平成23年10月4日
    施工概要
  • PC版設置工 1.99mX9.00m N=36枚
    1. 1.39mX9.00m N=12枚
  • グラウンドアンカー工 N=144本 削孔径Φ135mm 削孔長さL=11.40m~17.40m
    1. アンカー種類 圧縮型アンカー (エスイー製) F50MA
  • 地下水対策型コンクリート擁壁 V=340m3
    新設の国道477号バイパス工事において片側2車線道路のU型擁壁が、高さ4m~8m、幅約20m長さ15mX6ブロックが、地下水の影響で中央部が膨れ上がっている状況下であるので、アンカーで浮き上がらないように抑止する目的で施工を行いました。
    受圧板1枚に対してアンカー3本を必要とするので、3本同時緊張管理システム(LICOS)を活用して品質管理を行いました。

一般国道421号道路改良(落石対策)工事

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真

 

    工 事 名:一般国道421号道路改良(落石対策)工事
    発注機関:三重県桑名建設事務所
    施工場所:三重県いなべ市大安町
    施工期間:平成22年7月26日~平成23年2月28日
    工事概要
  • ポケット式落石防止網工 A=1,970m2
  • ロープネット張工 A=450m2
  • 高エネルギー吸収型落石防止網工(ネットワン) A=2,600m2
    計画概要
  • 三重県桑名市浅川から、三重県いなべ市大安町石榑南を経て,滋賀県近江八幡市友定町に至る一般国道421号である。利便性向上のため鈴鹿山脈を石槫峠トンネルで横断し、三重県北勢地方と滋賀県近江地方の連携強化のため新規造成(付替道路)される道路工事である。
    ネットワンについて
  •  ネットワンの形式は覆式及びポケット式があり今回はポケット式の工法であり、 ポケット式は、ネットの上部に支柱を設け落石を捕獲し、落石がネットに衝突した際に衝撃力及び速度を減衰させ(落石重量100KN、落石エネルギー4000KJに対応可能)、安全な場所に誘導させるものである。多くの落石を捕獲できる半面、落石がネットの上部に衝突した場合に相当な衝撃が加わることから、中規模の転石が散在した個所に適した形式と考えられる。
    現場作業について
  • 22年度開通予定の石槫トンネル工事に伴って、多数の建設業者が出入りする路線であり、三重県発注工事・国土交通省発注工事合わせて、最大12社が延長8km区間内で作業していた、そういった状況から、業者間での工程調整が必要不可欠であり、発注者も出席し毎月1度工事連絡会を開催し無事、無災害で工期内に竣工することができた。

一般国道477号第124号 道路災害復旧工事(その2)

 

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
    工 事 名:平成21年度 一般国道477第124号 道路災害復旧工事(その2)
    発注機関:三重県四日市建設事務所
    施工場所:三重県三重郡菰野町 菰野 地内
    施工期間:平成21年11月26日~平成23年2月10日
    工事内容

  • 法 枠 工 □300(3600m)
  • 鉄筋挿入工 D19×2000(800本)
    この工事は、法面工事と土木工事が分離発注された現場で受注業者も2社という事で、工期自体は同時進行に見えるが、実は土木工事が完了しないと法面工事が着手できないという悪条件の中での施工であった。
    土木工事担当業者には、休日、昼夜を問わず、土工事の完了に向けて努力して頂いたが、高低差100mの長大法面での作業は困難を極め、当社が着手できた期間は通常施工では到底完成されることの出来ない工程の中での作業となった。
    場所は鈴鹿スカイラインの標高800m付近で、冬季施工(1月~4月)は不可能であり、年内の完成目標を達成させる為、施工班は最大時5班体制で25名の作業員が法面上で作業を行い、安全、品質、工程とあらゆる面で苦労した現場であった。

平成19年度 熊野尾鷲道路新鹿地区道路建設工事

 

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
    工 事 名 平成19年度 熊野尾鷲道路新鹿地区道路建設工事
    施工場所 三重県尾鷲市新鹿地内
    発注機関 国土交通省 中部地方整備局 紀勢国道事務所
    施工期間:平成20年3月~平成21年10月
    工事概要

  • 切土掘削 V=39,840m3
  • 道路盛土 V=3,880m3
  • 法面整形 A=5,410m2
  • 残土運搬 V=36,480m3
  • 落石雪害防止工 1式
  • 法 枠 工 A=350m2
  • 重力式擁壁 1式
  • 補強土壁 1式
  • 排水構造物 1式
  • 舗装工(路盤・表層) A=2,420m2
  • 防護柵工 1式
  • 仮 設 工 1式
  • 道路付属施設工 1式
    三重県熊野市新鹿町に、国道42号線代替え道路としての高規格道路である熊野尾鷲道路を造成する為の関連工事である。新鹿インター上に現在ある市道を移設する目的で今回施工しました。幅員W=4.5m、延長L=454m。市道六郎線の一部である。工期が、1年7カ月と当初排水計画見直しや既設の落石雪害防止工(MJネット)が、道路に障害となる事や工事箇所が同時発注となるため工程調整等の問題により当初工期より延長しました。用地の伐採から切土掘削、排水路、舗装まで道路工事の一連工事である。
    この熊野尾鷲地域は三重県南部ということで雨が多いときいており熊野特有の大粒の雨には驚きました。工事中に降る雨には本当に苦労しました。工種自体は、難度の高い工事ではありませんでしたが、この熊野尾鷲道路の関連する多数の工事業者と連携をはかり協力してもらい無事完成するこができました。

右岸ダムサイト進入路工事

 

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
    工 事 名:右岸ダムサイト進入路工事
    施工場所:三重県伊賀市阿保地内
    施工期間:平成21年8月4日~平成22年10月7日
    発注機関:(独)水資源機構 川上ダム建設所
    工事概要

  • 掘 削 工 土砂 31,556m3 岩 11,689m3
  • 盛 土 工 7,762m3
  • 法 面 工 植生マット 1,977m2 植生シート 6,004m2 モルタル吹付 167m2
  • 水 路 工 237m
  • 周辺整備工 ふとんかご工 693m 土留柵工 630m
  • 路 盤 工  下層路盤工 2,774m2
    本工事は、木津川上流に建設予定の『川上ダム』の、河川右岸側からの進入路を築造する工事であるが、将来的には管理棟等の造成地になる予定です。
    工事中、特に留意した点は、40,000m3以上の掘削した土砂を運搬し盛土するにあたり、川上川および前深瀬川の2本の河川に濁水が流入しないよう注意したことです。この河川には、天然記念物の『オオサンショウウオ』が生息しており、発注者とも河川への影響や、周辺の環境に対して、特に注意をはらいました。約1年かかった工事も無事に終わり、達成感あふれる工事として、心に残った工事でした。