上海老高角線工事 8月4日現在の進捗状況

アンカーの受圧板(PC板)搬入状況

大きさは、長さ×幅×厚み:9.0×1.99×0.2(m)

重さは、8.6トン

20トントレーラーで福井県敦賀市からやってきました。

 

 

 

 

50トンラフタークレーンで、吊り上げて架設します。

この受圧板(PC板)には、アンカーを挿入させる孔が3箇所空いています。

 

 

 

 

 

 

受圧板(PC板)架設状況、アンカー体を傷つけないように、防護パイプをアンカー体に装着して、PC板をゆっくりと降ろしていきます。

 

 

 

 

 

 

@施工箇所全景

8月4日現在で、PC板は全体で48枚中、34枚を設置しました。進捗率としては70%です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です