主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事(その2)

名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
名張曽爾線完成写真
    工事名:平成23年度 国補災防・推進 第1-分0002号 主要地方道名張曽爾線 災害対策推進(落石対策)工事(その2)
    発注者:三重県伊賀建設事務所
    工期:平成24年1月26日~平成25年2月28日(竣工:平成24年12月26日)
    工事概要:

    • ロープネット工   A=4487m2(3工区)
    • ロープ掛工     N=3箇所
    • 岩接着工      V=2877ℓ
    • 高エネルギー吸収落石防止網工(ネットワン工法)A=1500m2
    • 仮設防護柵工    L=60m
    • モノレール設置工  N=1式 (500kg級)
  • 工事箇所は、三重県名張市と奈良県曽爾村を結ぶ県道81号線の落石対策工事である。県道81号線は、柱状節理が発達し頻繁に落石が発生している路線であるため、落石の発生源対策及び待受け対策を実施。
  • ロープネット工現場作業への進入は、先ずモノレールで10分程度ゆられ登山し、その後50mの岩壁を親綱本で人力にて登山するとようやく作業場に到着する。頂上付近で作業をしていたため、道路上からは作業状況を確認することができなく、アンカーの削孔音だけが山に響いてる日々が約3ヵ月間つづいた。
  • 高エネルギー吸収落石防止網工施工時は、現道を使用しての作業となり、他工区を合わせると約800mもの片側規制を行っていながらの作業となり、近隣住民の方々には大変なご協力を、お願いしての作業となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です