平成19年度 熊野尾鷲道路新鹿地区道路建設工事

 

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
    工 事 名 平成19年度 熊野尾鷲道路新鹿地区道路建設工事
    施工場所 三重県尾鷲市新鹿地内
    発注機関 国土交通省 中部地方整備局 紀勢国道事務所
    施工期間:平成20年3月~平成21年10月
    工事概要

  • 切土掘削 V=39,840m3
  • 道路盛土 V=3,880m3
  • 法面整形 A=5,410m2
  • 残土運搬 V=36,480m3
  • 落石雪害防止工 1式
  • 法 枠 工 A=350m2
  • 重力式擁壁 1式
  • 補強土壁 1式
  • 排水構造物 1式
  • 舗装工(路盤・表層) A=2,420m2
  • 防護柵工 1式
  • 仮 設 工 1式
  • 道路付属施設工 1式
    三重県熊野市新鹿町に、国道42号線代替え道路としての高規格道路である熊野尾鷲道路を造成する為の関連工事である。新鹿インター上に現在ある市道を移設する目的で今回施工しました。幅員W=4.5m、延長L=454m。市道六郎線の一部である。工期が、1年7カ月と当初排水計画見直しや既設の落石雪害防止工(MJネット)が、道路に障害となる事や工事箇所が同時発注となるため工程調整等の問題により当初工期より延長しました。用地の伐採から切土掘削、排水路、舗装まで道路工事の一連工事である。
    この熊野尾鷲地域は三重県南部ということで雨が多いときいており熊野特有の大粒の雨には驚きました。工事中に降る雨には本当に苦労しました。工種自体は、難度の高い工事ではありませんでしたが、この熊野尾鷲道路の関連する多数の工事業者と連携をはかり協力してもらい無事完成するこができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です