上海老高角線工事 8月4日現在の進捗状況

アンカーの受圧板(PC板)搬入状況

大きさは、長さ×幅×厚み:9.0×1.99×0.2(m)

重さは、8.6トン

20トントレーラーで福井県敦賀市からやってきました。

 

 

 

 

50トンラフタークレーンで、吊り上げて架設します。

この受圧板(PC板)には、アンカーを挿入させる孔が3箇所空いています。

 

 

 

 

 

 

受圧板(PC板)架設状況、アンカー体を傷つけないように、防護パイプをアンカー体に装着して、PC板をゆっくりと降ろしていきます。

 

 

 

 

 

 

@施工箇所全景

8月4日現在で、PC板は全体で48枚中、34枚を設置しました。進捗率としては70%です。

 

名張曽爾線工事状況8月2日

名張曽爾線
名張曽爾線
名張曽爾線
名張曽爾線
規制区間内の通行状況は、前回と変わっておりませんが、ケーブルクレーンを使っての作業が頻繁になってきました、道路上空を荷を吊上げながら横断しますので万が一の落下災害に備えて交通誘導員の指示に従って走行してください。

 

 

 

 

 

 

月間工程表
月間工程表